メニューを開く

新型コロナウイルス感染症に特化

医師オンライン健康相談

  • 最短で
    即日配送
  • 最短10分で新型
    コロナウイルスの
    抗体保有
    状況を判定
  • 陽性の場合は
    PCR検査を
    無償で提供
自宅でできる抗体セルフチェックツール付き
医師と家族医師と家族医師と家族医師と家族医師と家族
Chekmedプラン
  • 医師オンライン健康相談 1ヶ月
  • 抗体セルフチェックツール × 1

4,900円(税込)

※セルフチェックツールは研究用です。

※オンライン健康相談:10:00~13:00、14:00~19:00(日曜日・水曜日を除く)となっております。

  • サービスのお申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちら
  • サービス販売は終了しました

!無症状のままで新型コロナウイルス感染のある方が増加しております。!

!

2020年04月08日よりChekmed のオンライン健康相談事業の提供を開始し、既に多くの方にサービスをご利用いただいております。 その中で、症状が無い方や、全く無自覚な方にも、セルフチェック結果で陽性反応を示す方が増えてきております。 Chekmedでは上記を踏まえまして、ユーザーの方だけではなく、ご家族などの身近な方々をお守りするためにも、 無症状感染のリスクについて啓蒙していきたいと思っております。ご自身だけではなく、もし少しでも周囲の方で体調不良の方がいらっしゃる場合は、出来る限り皆さんでのセルフチェックとオンライン健康相談を推奨させていただいております。

導入企業

  • NEXUS株式会社
  • 株式会社NTTデータスマートソーシング
  • 株式会社夢真

現在多くのメディア様にご紹介をいただいております。

サムネイル再生

弊社監修薬剤師 石井が「ホリエモンチャンネル」に出演し、抗体チェックの「チェクメド」とPCR検査の「メドラボ」の実演を行いました。

【動画タイトル】

「自宅で「PCR検査」や「抗体検査」が受けられるサービスを
実際に使ってみました」
動画の詳細はこちらから
  • メディアバナー
  • メディアバナー
  • メディアバナー
  • メディアバナー
  • メディアバナー

新型コロナウイルス感染症で
こんな悩みはありませんか?

  • problem-1

    これ以上休業するのは厳しく、
    継続的に事業が行える体制にしたい

  • problem-2

    業種や職種の都合上、テレワークが
    難しく、出勤せざるを得ない

  • problem-3

    接客や現場仕事があり、社内外に
    対してしっかりと対策したい

  • problem-4

    日本に待機中の海外駐在員を
    現地に戻し、出張を再開したい

このような悩み、Chekmedなら
全て解決することができます!

Chekmedは

新型コロナウイルス感染症に特化した医師によるオンライン健康相談サービスです。
自宅で抗体の有無を調べられる「セルフチェックツール」が付いてきます。

  • Point
    1

    15分で結果が出る抗体セルフチェック

    15分で結果が出る
    抗体セルフチェック

    15分で抗体の保有が確認できるセルフチェックツールが付いてきます。自宅でできるため、医療機関への受診は不要です。

  • Point
    2

    何度でも医師・医療関係者に相談可能

    何度でも医師・
    医療関係者に相談可能

    利用期間中は、新型コロナウイルス感染症に関わる不安や心配を医師・医療関係者に何度でも相談が可能です。

  • Point
    3

    2種類の抗体保有状況を把握し、感染拡大を防止

    2種類の抗体保有状況を
    把握し、感染拡大を防止

    2種類の抗体を分けて検査できるので、おおよその感染時期を把握し、今後の対応や行動も決めやすくなります。

抗体検査のポイント

2種類の抗体の組み合わせにより、
過去の感染・現在の抗体保有・未来のウイルスへの抵抗を知ることができます!

血清抗体価
IgM抗体:
IgMはウイルス侵入の初期に出現し、他の物質とともにウイルスを中和する効果を持つ
IgG抗体:
IgM出現後に出現し、ウイルスに対して長期的な免疫を提供する役割を持つ

昨今の新型コロナウイルスの長期化に応じた特別施策として

Chekmedで使用するセルフチェックツールでIgMが陽性になった場合は無償で関連サービスMedLabにてPCR検査を実施いたします。※本限定プランは予告なく変更・終了する場合があります。予めご了承ください。

抗体チェック陽性 自宅待機等の企業対応 MedLabにて自宅で検体採取 PCR検査結果通知

セルフチェックツールのご利用イメージはこちら

Chekmedは国際的に信頼性のある
「抗体チェックツール」を利用しています

チェックツール画像

Chekmedでは、抗体検査の需要が高まっている欧米諸外国で多く輸入されているキットを選び、利用しております。現在は、中華人民共和国国家食品薬品監督管理局(CFDA)から認可を得ている、国際的にも信頼性のある中国の CAGENBIO社が提供するチェックツールを利用しています。

陽性反応の検出確率96.6%

COVID - 19 lgG PCR TOTAL
POSITIVE(陽性反応) NEGATIVE(陰性反応)
Clongene POSITIVE(陽性反応) 86 0 86
NEGATIVE(陰性反応) 3 63 66
TOTAL 89 63 152

※CAGENBIO社 検証結果を引用

テルモ株式会社のディセーフファインタッチディスポ

誰でも、簡単かつ安全に血液採取できます 

Chekmedでは、お客さまが簡単かつ安全にセルフチェックを可能にするために、採血用穿刺針としてテルモ株式会社のディセーフファインタッチディスポ( 医療機器届出番号: 225AFBZX00086 )を使用しております。また、万が一失敗してしまった場合に備えて、予備のランセットもご用意しております。※従来の滅菌済みのランセットのため、キャップを外したら速やかに使用し、再使用はお止めください。

お客様の声をサービスに反映!

セルフチェックツールは『過去(もしくは現在進行)のコロナウイルス感染による抗体の有無を調べる』ものであり、ウイルス検知するものではありません。そのため、症状の発症する時期とこのツールで検知できる時期に差が生じる場合がございます。当社の抗体チェックツールに対する見解は、下記の国立感染研究所が出されている論文の内容に準拠するものです。※参考URL:https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/9520-covid19-16.html

企業導入事例

株式会社NTTデータスマートソーシング 担当者

株式会社NTTデータスマートソーシング

地域をまたいだ社員の移動による不安を解消するために

■ 導入背景・目的

弊社は、日本全国にBPOセンターやコンタクトセンターを保有しております。
感染者発生が抑え込まれている地域勤務者の中には、人事異動等により、首都圏をはじめ新型コロナウイルス感染が拡大している地域からの訪問者に対する不安を抱える者が出てきておりました。
また、コンタクトセンターでの業務は、電話応対など声を出して話す機会が多いため、他の事業よりも感染不安の声が強く、職場内に新型コロナウイルスを他地域から決して持ち込ませないという強いメッセージを示し、社員の不安解消のためにも本サービスに申し込みました。

■ 導入後の効果

人事異動で赴任した社員や帰省から帰ってきた社員が陰性だと安心するという声が非常に増え、結果として人間関係も円滑になっていきました。 また、委託元の企業様からも「しっかりしている・安心して業務を任せられる」などの肯定的な意見をいただき、継続的に利用させていただいております。

Chekmedが選ばれる3つの理由

  • choosing1

    1抗体チェックでIgMが陽性の場合はPCR検査を無償で提供

    直近1週間前後での感染が疑われるIgM陽性になった場合は、PCR検査を無償で提供。
    早期にPCR検査を実施することで、二次感染の予防に繋がります。

  • choosing2

    2誰でも簡単に抗体チェックが可能

    日本語のイラスト付き説明書で、お子様からご年配の方まで簡単に利用可能。
    ご自宅で簡単に抗体チェックができます。

  • choosing3

    3国際的な信頼性のある安全なチェックツールの提供

    中華人民共和国国家食品薬品監督管理局(CFDA)から認可を得ている、
    国際的にも信頼性のある中国のCAGENBIO社が提供するチェックツールを利用しております。

よくある質問

健康相談について

健康相談は具体的にどの様な方法で行われますか?

基本的にオンラインチャットになりますが、相談対応する医師の判断(陽性の結果が出た場合や、陰性でも質問事項などの内容による)によってはテレビ会議システムを用いたオンラインビデオチャットによる健康相談も実施致します。

健康相談について、どこまでの内容を相談できるのでしょうか?

新型コロナウイルス感染症に関する健康上の不安や、感染者への濃厚接触の有無、自覚症状など、同感染症に関する健康相談は何でもお気軽にご相談ください。

専門医療機関とはどの様な機関なのでしょうか?

感染症指定医療機関や、地域の保健所、帰国者・接触者相談センター等を想定しています。

専門医療機関は全国にありますか?

下記の URL をご参照ください。
■ 帰国者・接触者相談センター
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

■ 感染症指定医療機関
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou15/02-02.html

陽性反応がでた時だけ健康相談ができるのでしょうか?

チェック結果に関わらず、新型コロナウイルス感染症に関する不安や心配があれば、随時医師にオンラインで健康相談が可能となっています。(期間中に何回もできます)

健康相談はセルフチェックをした人だけができるのでしょうか?

まず質問票への回答を必須とさせていただいております。この質問票への回答を完了頂いた方は、全員オンラインによる健康相談が可能になります。そしてセルフチェックツールは、配布を希望される方のみに配布(無償)させていただく事になっております。もちろん、セルフチェックの結果につきましても、健康相談を実施する際には重要な参考にさせていただきます。

お問い合わせ

必須
必須
必須

必須
必須

こちらからプライバシポリシーをご確認ください

新型コロナウイルス感染症に特化自宅でできるPCR検査

  • 自費診療だから誰でも
  • 必要に応じていつでも
  • オンラインだからどこでも
自宅で検体採取&PCR検査/・海外渡航のための英文証明書が発行可能

MedLabについて詳しくはこちら

close
ページトップへ